「可もなく不可もなく」という感じの人、見切りをつけるのはいつ?

「可もなく不可もなく」という感じの人、見切りをつけるのはいつ?

今回お話を伺ったのは、ふんわりとした雰囲気で、親しみやすい笑顔がかわいい岐阜支社長の古澤さんです。


一度お会いした男性がいます。相手からは「真剣に付き合いたい」と言われましたが、私は「もう少しよく知ってから」と言いました。お相手は可もなく不可もなくといった感じで、ときめきはなかったです。もう少し会ってみるべきですか?でも断るなら早い方がいいのでしょうか。


「可もなく不可もなく」ということですが、お断りするにはまだ早いでしょう。以前担当した会員様に、こんな方がいました。あなたと同じように、ときめきを感じないお相手と出会い、お断りするか悩みながらも二度目のデートに行ったそうです。

そのとき、初めてお会いしたときには出てこなかった趣味の話が出てきたということです。なんと、その趣味は共通する趣味で、とても話が盛り上がったそう。そして、その後おふたりはご交際され、めでたくご成婚されました。


すご〜い!そんなことってあるんですね。私の相手の方もどちらかというと口ベタなようで、あまりご自分の話をしなかったなぁ。もしかしたら、すごく気が合うかもしれ ないですよね。今お断りしちゃったらもったいないですね!


その通り。その会員様も、一度目のデートで「ときめきがない」からとお断りしていたら、運命のお相手とすれ違っていたかもしれません。ご縁とは不思議なもので すよね。あなたも、自分の出会いの可能性にチャンスをあげるつもりで、もう少しお相手を知ってみてからご判断されても遅くないと思いますよ。


はい!もう少し相手の方と話をしてみようと思います。でも、「この人ではない」って決断するタイミングってどんなときでしょうか。ずっと進展がないまま付き合い続け るのも時間がもったいない気がします。


確かに、「この人ではない」という決断は、簡単なようで意外と難しいですよね。


そうなんです。なにか基準のようなものがあればいいのですが…。


一つ基準になるとすれば、そのお相手と一緒にいて居心地がいいかどうかということですね。沈黙している時間が心地いいかどうかというのも見極めポイントだと思 います。この先ずっと一緒にいるパートナーを探しているのだから、気を使わず、自然体でいられるのが一番ですね。


居心地のよさですね、それはこれから見極めていこうと思います。


あとは、「未来」を共有できるかどうかも重要です。女性は結婚によって生活環境が少なからず変わりますから。


考える未来が一緒でなくても大丈夫、でしょうか?


始めからすべて一緒という人はいないでしょうね。つまりあなたが考える未来と、お相手が考える未来、そこに隔たりがあって歩み寄ることができないなら、間違いなく「この人ではない」といえるでしょう。

隔たりを埋めることができるかどうかは、価値観や意見をぶつけ合ってみるとわかると思います。たとえケンカをしても、隔たりを埋めて、二人で未来をつくっていくことができるお相手なら、運命の人かもしれませんから、「この人だ!」と決断できると思います。

婚活NGチェックポイント

  ● ときめかないからと、すぐに交際を断る
  ● お互いが望む「未来」について、歩み寄れるかを確かめない

まずは、あなたの結婚力を<無料>診断してみませんか?理想の条件を入力すると、あなたにぴったりのお相手プロフィールをご案内します(秘密厳守です)。
結婚チャンステストはこちら