1. 2021年 「新成人の恋愛・結婚に関する意識調査」
  • 2021.01.04
  • 恋愛調査
  • 新成人
  • 結婚調査

2021年 「新成人の恋愛・結婚に関する意識調査」

新成人の恋愛・結婚に関する意識は、コロナで大打撃!
「今後異性と積極的に交際したい」新成人の割合は約4割で、過去5年で最も低い結果に!
「将来結婚したい」新成人は、過去26年で最も低い結果に!
「将来子供が欲しい」割合は61.7%で過去26年間で最も低い結果に!

結婚相手紹介サービスを提供する株式会社オーネット(本社:東京都中央区 代表取締役社長:森谷学)は、2021年に成人式を迎える新成人618名(男女各309名)に対して、「恋愛・結婚に関する意識調査」を実施致しました。
株式会社オーネット(https://onet.co.jp/)は結婚紹介サービス事業を運営し、2021年4月に設立41周年を迎えます。1996年1月に調査を開始した、この新成人に対する恋愛・結婚に関する意識調査も今年で26回目を迎えることになりました。この新成人への意識調査を通して、単なる恋愛・結婚に対する意識や行動調査の結果のみならず、その時々の経済や社会情勢、また自然災害等を含む様々な社会背景による影響等を含めた考察を報告にもりこみ、これまでの26年間「新成人の恋愛・結婚に関する意識調査」をリリースしてまいりました。平成から令和へと時代が移り変わっていく中で、株式会社オーネットは日本の恋愛・結婚に関する意識調査を、あらゆる角度から今後も継続して実施してまいります。
 2021年は、新型コロナウイルス感染症により、「新しい生活様式」への適応が引き続き求められる環境下において新成人を迎える若者の恋愛・結婚に対する意識、考え方、そして行動がどのようなものなのか、また昨年との比較、過去からの推移などを含めて本年の調査結果をご報告いたします。

(1)新成人の「恋愛」意識に関する調査

1.「これまでに交際経験がありますか?」
「交際経験あり」は全体で56.3%と、過去5年ではじめて6割を下回った!男性54.4%、女性58.3%で、女性は昨年(66.3%)より8ポイント低下!

2.「現在交際している異性がいますか?」
「現在交際している異性あり」は全体24.8%、男性23.9%、女性25.6%で、過去5年で最も低い結果に!女性は昨年(35.9%)から25.6%と10.3ポイントも低下!

3.「交際相手とどうやって知り合いましたか?」
全体回答の1位は「学内(大学・専門学校)」で、2位は「高校時代までの知り合い」、3位に「アルバイト先」がランクイン! 昨年3位のネット(SNS)が4位となり、順位が入れ替わった!

4.「今後異性との交際を積極的にしていきたいですか?」
「今後異性との交際を積極的にしていきたい」が41.1%で昨年(47.4%)より6.3ポイント低下、過去5年で最も低い結果に!

5.「SNSで知り合った異性との恋愛はあり?」
「SNSで知り合った異性との恋愛はあり?」については、全体47.7%で昨年(47.4%)からほぼ横ばい!

(2) 新成人の「結婚」意識に関する調査

1.「あなたは将来結婚したいと思いますか?」
「結婚したい」と回答した女性の割合が10ポイント以上も低下!男女全体では73.8%と、過去26年間で最も低い結果に!

2.「結婚したい理由は何ですか?」
「好きな人と一緒にいたい」「子供がほしい」「家族がいると幸せ」が例年通り上位を占める!

3.「あなたは何歳で結婚したいですか?」
結婚を希望する年齢は、「25歳」が男女ともに最も割合が高い!25~30歳で結婚したい新成人が8割近くで、「25歳以降」希望の割合が昨年より3ポイント高く!

4.「結婚相手の収入が十分であれば、専業主婦 (主夫)でもよいと思いますか?」
昨年より男女の差が縮まる結果に!男性の41.1%、女性の45.3%と4割以上の男女が、相手の収入が十分であれば、専業主夫(主婦)でもよいと回答!

5.「結婚をしたら子供がほしいですか?」
「結婚したら子供がほしいですか?」との質問に、61.7%が「はい」と回答!男性はコロナで子供が欲しく、女性はコロナで子供が欲しくなくなった人が多い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事内表記(社名・サービス名称やロゴ、会員に関する項目)は全て掲載当時のもので、現在のものとは異なる場合があります
当報道に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
【オーネット 広報グループ】TEL:050-5840-1072/E-mail:ml-pubrelations@onet.co.jp